育毛で力強い髪へ

ショートカットの髪をどうやったらうまくスタイリングできるかというのが、毎日の悩みです。
ずっとそれまで、ロングヘアだったのですが、あるとき思い切ってショートカットにしてみました。
それまで、ショートカットの子は、朝起きてささっとスタイリングしているんだろうな、と思っていました。
子供の頃も、活発でおしゃれに手をかけない子ほどショートカットだった記憶がありますし、いつも同じスタイルでいるので、きっと楽なんだろうなと思っていました。
元気な髪が欲しくて育毛も考えましたが、当時はまださほど深刻には捉えていませんでした。

その後実際、ショートカットにすると、本当に大変だということがわかってきました。
最初の夜は、何よりシャンプーが楽で、本当にびっくりしました。
あっという間に泡立ちます。
それに、ドライヤーで乾かすのも、あっという間に終わってしまいました。
それで、やっぱりショートカットは楽なんだ、ショートカットにしてよかった、と思って喜んでいました。

でも次の朝、起きてみたら髪の毛が大変なことになっていました。
というのが、寝癖が思いっきりついてしまっていたのです。
それまでロングヘアだったので、寝癖といってもそんなにひどいものがついたことがなかったのです。
でもショートヘアでの寝癖というのは、ちょっとしたウネリとかクセというより、折れ曲がるように強いクセなので、そう簡単にとれるものではありません。
とくに私の場合は、髪の毛にクセがあるので、寝癖がついてしまったら、なかなか取れない毛質というのもあるのだと思います。
また、髪の健康を維持するための育毛も常に心がけています。

しかも、ロングヘアだったら、寝癖があってもちょっと濡らして結んでしまえばよかったのですが、ショートヘアなので、結んでごまかすということもできません。
それで、結局もう一度朝から髪を洗うしかなくて、困ってしまいました。

今でも、ショートカットでのスタイリングには困っています。
基本寝癖をつけないように頑張っているのですが、だめなときには朝からもう一度シャワーをあびています。
もともとまっすぐのストレートとか、いい感じのくせ毛の子は、本当に、起きたままで大丈夫、というショートヘアらしいのですが、みながみなそういう訳ではないようです。
いろいろと話を聞くと、他のショートの子も、寝癖をつけないようにけっこう苦労しているようです。
なかには、寝るときに帽子をかぶって寝ている子もいるそうです。

ショートカットイコール手間いらず、という単純なイメージだけでヘアスタイルを変えてしまったことをちょっと後悔しているくらい、今の髪型での毎朝のスタイリングは悩みの種です。
あなたが「あれ?」と思ったとき、周囲は既に気づいています。あなたの髪の悩みを解決する育毛剤で、髪の量も、質感も、力強い髪へ。実感してください。