髪のセットの難しさの悩み

自分で髪をまとめて上手にスタイリングすることの難しさが最近の悩みです。
というのも、年末年始にかけて、結婚式や軽いパーティーなど、ちょっとあらたまった場にでかけることが多くなったからです。
そういったときには、軽いドレスのような服装することになります。
スーツのときもありますが、やっぱりそれでも普段とは違って正装のような感じが必要です。
そういったときのヘアスタイルでいつも悩んでいます。

結婚式や二次会といった場合は、これまではヘアサロンに行ってセットしてもらっていました。
年に数回であれば、毎回数千円くらいのことなのでいいやと思っていたのですが、短期間で何回もあると、出費もかさみますので、そう毎回美容院にも行っていられないなと思います。
それで自分でセットしてヘアスタイルをちゃんとして出かけたいと思うのですが、それがなかなか簡単には行きません。

最初は本当にうまくまとめられなくて、失敗して美容室にかけこむ、ということもありました。
それでも、何度か回を重ねていくうちに、悩みながらも少しずつ上達してきたように思います。
髪の毛をちゃんとまとめるには、それなりの下準備が必要だということがわかってきました。
下準備のひとつが、髪の毛をコテで巻くことです。
たとえ、アップのスタイルにするにしても、全部の髪をきちんと巻くか巻かないかで、最終的なスタイルの仕上がりにかなりの違いが出てしまうことがわかってきました。
巻いていない髪の毛だと、最後の仕上がりのあとに、どうしてもボリュームのないスタイルになってしまうのです。

ただ、そこまでわかったとしても、やっぱり悩みはつきません。
というのも、コテで巻くこと自体がやっぱりかなりのハードルなのです。
普段から髪の毛を巻いている子にやってもらったときには、上手に巻けていたので、アップのヘアスタイルもうまくできたのですが、その後、自分で巻くとなると、これがまた難しいのです。
右と左でも勝手が違いますし、思うように巻けません。
巻けたとしても、それがすぐに崩れてしまったりと、試行錯誤です。

また、使うスタイリング剤も大事だということもわかってきました。
これを、スタイリングした後だけではなくて、スタイリングする前に、下地として十分につけておくことが、大事なポイントのようです。

こうやって一つひとつ悩みながらやっているのですが、うまく行く確立はいまのところ半分半分というところです。
うまく行かないときには、本当に焦ってしまいます。
ヘアアクセサリーでごまかして、恥ずかしい思いをしたこともあります。
それでも、自分で上手なアップスタイルができるようになりたいので、悩みながら頑張って行きたいと思っています。